犬と泊まれるホテルのレビュー・百名城巡りも☆彡

評判のダクタリ動物病院 京都医療センターで健康診断(ダクタリ健診)を受けてみたら

モモたんももう9歳、立派なシニア犬です。
性格的には永遠の子供なんだけど(笑

f:id:momoumemama:20190703143740j:plain


シニアともなると病気の心配も増えてきますよね。ということで、犬の健康診断を受けに評判のダクタリ動物病院 京都医療センターに行ってみました。人間ドックならぬドッグドックです(笑。
 

f:id:momoumemama:20190703143804j:plain


ダクタリ健診には3種類のコースがあります

ダクタリ動物病院の健康診断にはA、B、Cの3種類のコースがありますが、A,Bコースは朝から夕方まで病院に預けて全身を総合的にチェックしてもらうコース。Cコースは通常の外来診察時に受けるお手軽な血液検査のみです。

BコースはAコースよりもレントゲン検査の範囲が広いこと、眼の検査がより詳細なこと、血圧の測定があることの3点が異なります。(もちろんその分お値段は高いです)

・ダクタリ健診A
費用 35,000円~40,000円(体重によります)
所用時間 朝9:30~夕方まで

・ダクタリ健診B
費用 50,000円~55,000円(体重によります)
所用時間 朝9:30~夕方まで

・ダクタリ健診C
費用 11,000円
所用時間 診察時の血液検査のみ


Cコースレベルの検査はいつも地元の主治医の獣医さんがやって下さっていますので、今回はAコースを受診することにしました。ウメぽんはまだ6歳なんだけど、まいいか、ということで一緒に連れていきました(笑


初診から検査まで

ダクタリ動物病院にはこれまで行った事がなかったので、最初はまず通常の診察を受けに行きました。予約時間に到着すると、担当の先生が危篤状態のワンちゃんに緊急対応しているとのことで「いつまでかかるか分かりませんが、お待ち頂けますか?」と受付の方に言われました。京都でも屈指の大きな動物病院で、重い病気のワンちゃんが運ばれてくるみたいです。

ということで待合室で待つこと1時間ぐらい。その後呼ばれて二階の診察室にあがると、担当の先生がわざわざ廊下まで出迎えにこられて「お待たせして申し訳ありません」とすごく丁寧にお詫びされていました。いえいえ、動物病院は他のいろんなワンちゃんを眺めながら待ってられますので、私たちは特に苦になりません。とても優しそうな先生で一安心。

この日は初診のため「初めましてのご挨拶」をして、モモウメの現状、既往歴や性格などの確認と検査の流れの説明を受け、スポンジタイプの検尿キットを渡されて帰りました。


検査日の当日は朝9:30に再び連れていって、夕方まで1日がかりの検査です。どこかで時間をつぶさないといけないので、近くのイオンモール京都桂川へ映画をみにいきました。

f:id:momoumemama:20190703143819j:plain


夕方5時頃には全ての検査が終わってますのでお迎えです。その日のうちに分かる範囲の検査結果を説明してもらって帰宅です。
f:id:momoumemama:20190703143837j:plain

上の写真は私たちのところに戻ってきて安心しきった後ですが、実は検診はワンにとっては殺されるのでは?!と思うぐらいの恐怖体験です。戻ってきた直後のモモはこちら。


検査結果の説明と報告書

2週間後に日を改めて詳細な検査結果の説明を受けに行きました。「何も問題ありませんでしたよ」と言われると予想していったところ、なんとモモのエコー検査で「脾臓に4mmの腫瘤が認められる」と言われてしまいました。

腫瘍だったらどうしよう・・・と心配しましたが後日の再検査では何も映らず、問題なしということになりました。

こちらが頂いた結果報告書。

f:id:momoumemama:20190703143851j:plain


動物看護士の方が写真を撮って、表紙にして下さるようです。右のモモは人懐っこい笑顔ですが、ビビリのウメポンは緊張してるみたいです。

こちらは眼科検査の結果。

ダクタリ動物病院 検診報告書 眼科検査


こちらは胸部レントゲン検査。

ダクタリ動物病院 検診報告書 胸部レントゲン


こちらは胸部エコー検査の画像です。

ダクタリ動物病院 検診報告書 胸部エコー


股関節のレントゲン。こちらは、モモの古傷(手術後)がちゃんと写ってました、、、、

f:id:momoumemama:20190703143907j:plain

この手術は前十字靭帯が切れてしまったときに行ったもので、TPLO(Tibial Platau Leveling Osteotomy)という大がかりな手術でした。脛の骨の上部を切断して上下さかさまにひっくりかえしてから体内に戻し、金具で止めるという凄い手術です。骨をひっくり返すことで、その上の大腿骨との接触角度を調整して、十字靭帯がなくなった状態でも身体を脚で支えられるようになるとか。


TPLOはとても高度で難しい手術らしく、ネオベッツVRセンターという大阪の病院の専門の先生にしていただいたのですが、靭帯切断直後はまともに歩けなくなっていたモモが魔法のように完全に治ってしまいました。こんな手術できる先生凄い!

今回の健診ではモモの白内障が少し始まっているとか、ふたりとも歯石が付着している等を指摘されましたが、大きな問題は見つからなかったので一安心です。

ダクタリ動物病院について

モモの靭帯断裂、肩関節不安定症、ウメのアトピーなどふたり合わせていろんな病気やケガをしているので、これまで沢山の専門の先生に診察していただいていて、私たちが受診したことのある動物病院はダクタリ動物病院で8つ目になります。

8つの病院の中でもダクタリ動物病院が規模最大で、各種専門の診療科があって獣医師の先生も十数名いらっしゃるようです。事務員の方や動物看護士の方、建物などのハード面も含め、全体としてマネージメントがとてもよく行き届いている病院だなあと感じました。ネット上の口コミでも良い評判が多かったのですが、私たちの経験の範囲でもとても良い動物病院のように思いました。

今回担当いただいた先生はかなり若い先生だったのですが、とても優しくて丁寧な先生でしたし、検診の際についでにモモの皮膚の吹き出物の相談などもしたのですが、時間をかけて凄く丁寧に処置してくださいました。

エコーやレントゲンを使った総合的な検診では、悪性腫瘍などの早期発見が必要な病気が見つかることもあるようで、ときどき受けておくと安心できると思います。ワンちゃんの健康に気を使っている方にはおすすめです。

 

 

百名城スタンプラリー6城目**小諸城(28番)

レジーナリゾート軽井沢御影用水からの帰り、百名城スタンプラリーを遂行すべく、長野県小諸市の小諸城に立ち寄りました。

f:id:momoumemama:20190619143215j:plain


軽井沢から浅間山の南側をなでるように西へ10数キロ走ると小諸城。20分程で到着です。

www.kanko.komoro.org


小諸城は戦国時代に、武田信玄の軍師、山本勘助の縄張りだったという説があるようですが根拠はなく、誰が築城し、誰が使用していたかの正確な記録があまり残っていないようです。

武家屋敷や町屋のあった小諸の城下町は浅間山の火砕流台地の上にありました。小諸城はそこよりも30メートルほど標高の低い千曲川沿いの土地に建てられています。このため城下町からの入口の大手門は天守台のある本丸よりも高いところにあります。こうした標高差のために、城に入る時に城内が低い穴の中にあるように見えるので「穴城」と呼ばれたそうです。

(あ、、、もしかして小諸のお蕎麦屋 井泉庵やさんの入口にあった標高説明はそういう意味かな?井泉庵さんは旧城下町辺りにあったようです。)


うまく、自然の地形を利用して作られているのでもちろん、本丸の天守が外から見えにくいし、堀で本丸は分離されているので防御力は高かったようです。戦国時代のお城ですから当然ですよね。

現存している建造物は大手門と三之門そして天守台と石垣です。城の中心部は現在「懐古園」という公園になっていて、三之門が公園の入り口として使用されています。

車で向かう途中で風情ある城下町を通りました。お城の北の200mぐらいのところには旧小諸本陣などもあり、見どころです。

f:id:momoumemama:20190619143540j:plain

f:id:momoumemama:20190619143606g:plain


広い有料駐車場が懐古園の北側にあります。ここの駐車チケットはスマホケースに入れないように注意しましょう。ワタクシ、スマホケースに入れたためにチケットの磁気が働くなって、駐車上から出るときに機械に通らなくなってしまいました。(笑

下の写真は駐車場横にあった案内板。そうなんです。懐古園の中にはなんとモモウメが大好きな動物園!があるらしいのです。

f:id:momoumemama:20190619143622j:plain


車を降りてお城の入り口にたどり着いたらまずスタンプです。
スタンプは三ノ門そばにある「徴古館」という建物の中に置いてあります。

f:id:momoumemama:20190619143640j:plain


因みにここで観光客のオジサマに声掛けられました。「スタンプいくつおした?」って、、、。話を聞くとこのオジサマ、1番から順に押して回って今回小諸城らしいです。凄い。

f:id:momoumemama:20190619143656j:plain

スタンプを無事ゲットして懐古園の中に入ったらすぐに道が二手に分かれています。

f:id:momoumemama:20190619143710j:plain

ここは観光ガイド付きの団体に紛れて説明を聞きながら行くのが良いと判断し、右へ進みます(笑

 

f:id:momoumemama:20190619143730j:plain


てくてくしばらく歩きますと本丸跡に着きます。本丸跡には懐古神社という明治時代に建てられた神社があります。天守は消失して残っていませんが、懐古神社の後ろに天守台跡の石垣が残っています。

f:id:momoumemama:20190619143818j:plain

天守台をてくてく歩くのは少し怖かったですネ(笑

f:id:momoumemama:20190619143847j:plain

この向こう側には千曲川が流れていて、天然のお堀になっていたようです。

f:id:momoumemama:20190619143853j:plain

f:id:momoumemama:20190619143900j:plain


天守跡を降りて南側までいくと、お天気がよければ富士山が見える展望台があり、

f:id:momoumemama:20190619143916j:plain


その横に動物園に入れる入口がある、、、、はずが!!!
何と、ワンちゃん入園禁止でした。残念!

「犬持込禁止」って「持込」って、、悲しい。

f:id:momoumemama:20190619143931j:plain

仕方がないので懐古園を後にして、しなの鉄道の線路をまたいで市街地の中にある大手門まで行ってみることにしました。

こちらが大手門。

f:id:momoumemama:20190619143952j:plain

大手門も国の重要文化財に指定されており、周囲も整備されていて公園になっています。ここを少し散策して今回の城攻めは終了です。

f:id:momoumemama:20190619144018j:plain

 

小諸城というお城は知らなかったのですが、日本唯一の「穴城」だそうでなかなか見応えがありました。楽しかったね♪

 

 

 

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編 (口コミ・感想ブログ) 


レジーナリゾート軽井沢御影用水 宿泊感想ブログ、総評編です。

レジーナリゾート軽井沢御影用水 正面門


公式サイトはこちら

www.regina-resorts.com



(感想ブログ各編の詳細は以下のページをご覧下さい)

レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編

 

良かった点

 全てにおいて素晴らしいホテルでした!

  • 建物がスタイリッシュでお洒落
  • 防音、バリアフリー、ドッグフレンドリー設計が完璧
  • お部屋のフロアがタイル。ワンが走っても滑らないし万一の粗相の時も安心
  • お部屋の床暖がぽかぽかで気持ちよかった
  • 御影用水の散歩コースが素晴らしい景色
  • 1階に泊まると御影用水にすぐにアクセスできる
  • スタッフの方々の接客が洗練されてて素晴らしかった
  • ワン用タオル、足洗い場、クレート、グルーミングルーム等ワン用設備が完璧
  • 軽井沢フレンチのお食事が超美味しくて、超素晴らしかった
  • ワインリストが充実しててよかった
  • 軽井沢なので周辺観光が充実している

改善してくれたらもっと良くなるかもと思った点

 特にないかも。強いて言えば・・・

  • お風呂に追い炊き機能があればよいかも(ぐらいしか思いつきません)

その他気づいたこと

温泉・大浴場はありません

 犬と泊まれるリゾートホテルには温泉や大浴場が付いていることが多いのですが、レジーナリゾート軽井沢御影用水にはありません。お洒落でスタイリッシュなホテルなので、そういう施設はコンセプトにそぐわないんだと思います。温泉・大浴場ご希望の方はご注意下さい。

レジーナドッグクラブについて(入会金・年会費無料)

 宿泊予約日近くになると自宅に「ご案内書類」が郵送されてきました。その中に「レジーナドッグクラブ」への入会案内がありました。チャックインの時にも入会を勧められて、その時はお断りしたのですが、結局チェックアウトの時に入会しました。入会料や年会費は無料です。

f:id:momoumemama:20190418141215j:plain

「レジーナドッグクラブ」に入会するとレジーナリゾートのホテルがどこでも10%OFFになるそうです。あと、倶楽部会員は各ホテルの先行予約案内がメールで送られてくる等の特典があるみたいです。

レジーナドッグクラブ(公式サイトの案内)

「レジーナリゾート軽井沢御影用水」凄くよかったので、他のレジーナにも行ってみたい! ということでレジーナリゾート、リピ決定ってことですね。次は「レジーナリゾートびわ湖長浜」に行ってみることにしました。またレポートしますので、お楽しみに。
 

総合評価(リピートしたい度 ・5段階評価)

 レジーナリゾート軽井沢御影用水・・・星5つ(★★★★★) 絶対にリピしたい!

 → レジーナリゾート軽井沢御影用水さんの公式サイトはこちら


犬との旅行で快適なお宿をお探しの方は、こちらのランキングもご参考下さい。



レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編

 レジーナリゾート軽井沢御影用水

 

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)宿泊感想ブログ「周辺観光編」です。

f:id:momoumemama:20190604151950j:plain


レジーナ軽井沢御影用水さんには2連泊しましたので、2日目の一日をかけて軽井沢観光をしました。軽井沢は観光地がとても沢山あって数日では回り切れませんが、今回コーギー犬モモウメ2頭を引き連れて、私たちが伺ったところをオススメ度と一緒にご紹介します。

ハルニレテラス

犬連れおすすめ度・・・★★★☆☆(星3つ)

ネットで調べたら軽井沢観光地の中でも評判がすごくよかったので行ってみました。

ハルニレテラス 公式サイト

軽井沢 星野リゾート ハルニレテラス


軽井沢星野エリアの中にある商業施設で、レストランやカフェ、雑貨店などのお店がバリアフリーのウッドテラス沿いに建てられたお洒落な街並になってます。ワンちゃんはお店の中には入れませんが、テラスまでは自由に入れます。

f:id:momoumemama:20190604152604j:plain

ハルニレとは「春楡」のことらしいです。主に寒い地方に多い楡の木で、この春楡が自生している中に作ったことから、この名前がついたそうです。

テラスの隣には木立の中を通り抜ける小川沿いの遊歩道があって、そこを進むと星野リゾートのホテルまで続いてます。ここもワンと一緒に散歩することができます。

↓遊歩道からハルニレテラスまで歩くコーギー犬・モモウメ


すごく人気の観光地で、普段は駐車場に車を入れるのに長時間待たなければいけないことが多いらしいのですが、この日は朝早く行ったためか、それほど待つことなく入れました。

「犬(ペット)にやさしくワンちゃん連れが集う場所」って案内に書いてあったけど、他のワンちゃんはそんなに見かけませんでした(笑。

確かにお洒落で素敵な場所だったのですが、人がかなり多くて残念ながら今一ゆったりした気分で楽しめなかったかな。正直期待したほどの場所ではなかったです。

f:id:momoumemama:20190604152741j:plain

  

トリックアートミュージアム軽井沢・・・超オススメ

犬連れおすすめ度・・・★★★★★(星5つ)

旧軽井沢銀座通りにある「トリックアートミュージアム軽井沢」、別名「旧軽井沢森ノ美術館」。ワンと一緒に入れるミュージアムなんてなかなかないと思うのですが、さすがドッグフレンドリーな町、軽井沢!

あんまり期待してなかったのですが、意外にも今回の観光地の中ではここが一番面白かったです。

f:id:momoumemama:20190604153009j:plain


トリックアートミュージアムってモモウメにとって楽しい場所なのか?


という疑問があったのですが意外や意外、好奇心の塊のモモはすごく楽しそうでした。少し薄暗くしてある鏡の迷宮部屋などもあったのですが、なぜかモモは嬉しそうにガンガン中へ突き進んで入って行っていました。

一方でビビリのウメぽんは、空間が歪んで見える錯覚を起こすトリック部屋の中では固まって動けなくなっていました。犬でも視覚的な錯覚を起こしてしまうのかな?

でもそれ以外の場所ではウメぽんも楽しそうにしてました。

↓表情を見てもモモは超嬉しそうです。

f:id:momoumemama:20190604153046j:plain

f:id:momoumemama:20190604153056j:plain


入館料は大人1500円で、ペットも1頭200円が必要です。

3階建てですが小さな美術館なので、所要時間はゆっくり見て回っても1時間~1時間30分といったところです。
 

駐車場の場所が少しわかりにくいので注意が必要です。トリックアートミュージアムは旧軽井沢銀座通りにあるのですが、駐車場は通りの反対側の建物裏にあります。

 

蕎麦処ささくら すごく美味しかった!・・・ランチ超オススメ!

お昼ご飯オススメ度・・・★★★★★(星5つ 犬は入れません)

地元の友人のおすすめでお昼ご飯を食べに行きましたが大正解☆彡。レジーナリゾート軽井沢御影用水にお泊りの方のランチに超オススメ。びっくりするぐらい美味しかったです!

レジーナリゾート軽井沢御影用水からは車で5分ぐらい。旧山中道沿いにあります。並びには「風立ちぬ」の作者堀辰雄の記念館もあります。



f:id:momoumemama:20190604153222j:plain

モモウメは入れないので、車の中でお留守番。
お店の中は古民家風の造りになっていて、カウンター席やテーブル席もあります。

f:id:momoumemama:20190604153241j:plain


私たちは「そば三昧」と「おしぼりそば」を頼みました。「そば三昧」はクルミだれ、とろろ、ざるつゆの3種の味が楽しめるお蕎麦で超美味しかったです。「おしぼりそば」は大根の絞り汁で食べるお蕎麦ですが、こちらはかなり辛かった。美味しかったのですが、辛いの苦手な人は避けたほうがいいと思います。

それにしても「信州そば」というのは、ここまで美味しいのか!と感動するぐらいの美味でした。またいつか軽井沢に来ることがあれば、必ず再訪したいと思います。

ビル・ゲイツの別荘?・・・超巨大別荘

おすすめ度・・・☆☆☆☆☆(星ゼロ 場所は秘密です^^)


軽井沢の別荘地は一区画600坪以上の大きな敷地になっているところがほとんどで(規制で300坪以下には土地の分筆ができないとのこと)、別荘のほか、一般の豪邸、企業の保養施設などが立ち並んでいます。

その中でもひときわ広大な敷地に建設中の別荘があって、地元住民の間でも「一体これは誰の別荘なのか?」と噂になっているようです。

地元のお友達と一緒にモモウメを伴ってその別荘の前まで行ってみました。入り口の写真がこちら。敷地面積はおそらく数万坪!(別荘数百軒分!?) 建物は森に埋もれてうかがい知ることができませんでした。

ビル・ゲイツの軽井沢別荘?


成田や羽田から直接アクセスするためか、敷地内にヘリポートを作る計画まであったそうです(軽井沢町から許可がおりなかったようです)。世界的大富豪の別荘であることは間違いないようで、一説によるとビル・ゲイツの別荘では?という噂もあるらしいのですが、本当のところ誰の別荘なのか地元でも誰も知らないようです。数年前からずっと建設が続いていて、まだ完成していないとのこと。軽井沢ってやっぱりすごい!

井泉庵 お蕎麦やさん

お昼ご飯オススメ度・・・★★★★☆(星4つ 犬は入れません)

「蕎麦処ささくら」さんのお蕎麦があまりに美味しかったので、3日目の帰宅途中のランチもどこかで信州ソバを食べようと、ネットで探して急遽立ち寄ったのが軽井沢の隣町、小諸市にある「井泉庵」さん。


いろんな意味で超個性的なお店でした。まず外観がこちら。とても年季の入った木造平屋の建物です。表にはなぜか「標高634mのそば屋」との看板が。

f:id:momoumemama:20190604153301j:plain


玄関で靴を脱いで中に入ると、そこは「古民家風のそば屋」というよりも、ほぼ「古民家そのもの」。超ベテランご夫婦お二人で経営されているようなのですが、本やオーディオ、パソコンなど雑多なものがお部屋においてあって、ご夫婦の生活空間にお邪魔している雰囲気です^^。

井泉庵 小諸市


お部屋に置いてあった水槽。「小諸(こもろ)のもろこ」だそうです^^ダジャレかよ!”

f:id:momoumemama:20190604153333j:plain

 
窓から見える隣のお家。軒先になにか怪しげなものが・・・

井泉庵 小諸市 隣のお家


巨大なぬいぐるみのクマさんでした^^井泉庵 小諸市 隣のお家のクマ


肝心のお蕎麦はこちら。もちろん美味しかったです。

f:id:momoumemama:20190604153348j:plain


超ベテランご夫婦はどちらもとても明るい方で、なんだか田舎に帰ってお蕎麦を食べているような雰囲気になってしまうお店です。

軽井沢から西方面へおかえりの方は、立ち寄ってみてください。

 



浅間牧場茶屋

犬連れおすすめ度・・・☆☆☆☆☆(星ゼロ!)


以前、伊豆高原の「ウブドの森」に泊まったときに、犬と一緒に入れる動物園「伊豆シャボテン公園」に行ったことがあるのですが、そこがすごく楽しかったので、軽井沢にも同じようなところがないかと探して見つけたのが浅間牧場茶屋。犬も入れる小さな動物園があるらしい!

ということで、とにかく行ってみました(ネット上の評判は微妙なものが多かったのですが)。

レジーナリゾート軽井沢御影用水からは車で軽く30分程度。浅間山北側の群馬県にあります。3月でしたが、雪かきした後の雪がまだ沢山残ってました。

着いたのがこの建物。佇まいは少し古びた昭和のドライブインのような・・・。

f:id:momoumemama:20190604152830j:plain


建物の横に小さな動物園とテラス席があるのですが、朝早かったからなのか人っ子ひとりなく、寂しい感じ・・。

f:id:momoumemama:20190604152845j:plain

ウサギさんやヤギさんが何匹か狭いオリの中に入っていますが、人間の姿はどこにも・・・。だれかいませんか~~

f:id:momoumemama:20190604152901j:plain


この浅間牧場茶屋からさらに少し進むと、浅間牧場という牧場があるらしく、そこまでいけばもっと楽しかったかもしれないのですが、とにかくここは見るべきものがありませんでした。建物の中にも入らず、すぐに軽井沢方面に引き返しました^^。滞在時間約5分(笑。

まあ浅間茶屋に向かう途中と帰りに、美しく雪化粧した浅間山を間近に見ることができたので、よしとしましょう。

軽井沢プリンスショッピングプラザ

犬連れおすすめ度・・・★☆☆☆☆(星1つ)

軽井沢駅南にある大きなアウトレットモールで、犬も一緒に連れてあるくことができます。ここもすごく人が多かったです。

f:id:momoumemama:20190604153130j:plain



軽井沢チョコレートファクトリー

お土産おすすめ度・・・★★★★☆(星4つ 犬は入れません)

偶然通りがかったチョコレート屋さん、軽井沢チョコレートファクトリーに立ち寄ってみました。

f:id:momoumemama:20190604153146j:plain

お土産を買って帰ったのですが、すごくおいしかったです。オレンジの周りにチョコをほどしたオランジェが特に美味でした。ワンちゃんは同伴不可(残念)ですが、ラスクなども販売しており、イートインスペースもあります。店内は超おしゃれで、奥の製造工場がガラス張りで見られます。

f:id:momoumemama:20190604153206j:plain

 
レジーナリゾート軽井沢御影用水 感想ブログ。次は最終回の総評編です。

レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編



レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)宿泊感想ブログ「ドッグランと施設編」です。

f:id:momoumemama:20190430164907j:plain


レジーナリゾート軽井沢御影用水さんの施設は、犬と一緒に快適に過ごせるよう、あらゆる点を考え抜いて設計されているようで、素晴らしいの一言です。

以下施設各ヶ所の私たち目線でのご紹介です。

駐車場・・・車がお部屋のすぐ近くに止められて便利

駐車場は宿泊棟のすぐ前にあります。最初に車を止めるとき、スタッフの方から場所を指定されたのですが、どうも各宿泊者がお部屋に一番近いところに車が止められように場所を決めていらっしゃるみたいでした。

最初の荷物の搬入はスタッフの方がして下さったのですが、その後宿泊中に何度かキャリーなどの荷物を積み下ろしましたので、こうした細やかな心遣いがとてもありがたかったです。

f:id:momoumemama:20190430164929j:plain

 

カードキー・・・犬連れでも超便利!

建物の出入り時、お部屋の出入り時はともにカードキーが必要です。セキュリティー的にも安心な上、犬を連れているとカギの開け閉めに手間取ってなかなか大変なときもあるので、カードキーはとても便利で助かります。

f:id:momoumemama:20190430164948j:plain

 

 

足洗い場があらゆるところに・・・ワン専用タオルも沢山

メインエントランス、御影用水の散歩道からの入り口、一階のお部屋のテラスからの入り口等、あらゆるところに大きな足洗い場が設置されています。足が土で汚れたときも、きれいに洗ってから中にはいることができるドッグフレンドリー設計です。ワンちゃん用のタオルも沢山置いてあって(茶色のタオルはワンちゃん専用です)いたれりつくせり。

御影用水の散歩道からの入り口の横には、なんとグルーミングルームなんかもありました!、、、モモウメには無縁ですが(笑

f:id:momoumemama:20190430165031j:plain

f:id:momoumemama:20190430165041j:plain

f:id:momoumemama:20190430165058j:plain

 

 

フロントやショップ、バーがお洒落でスタイリッシュ

メインエントランスから中に入ったところ。綺麗な絵が飾られた壁の前にフロントとワンちゃんグッズを販売しているショップがあります。

f:id:momoumemama:20190430165123j:plain


こちらがフロント。後ろには御影用水を描いた本格的な絵が飾られてました。水彩画かな?
f:id:momoumemama:20190430165132j:plain

チェックインもチェックアウトもこちらに座ってゆっくりとご対応くださいます。
もちろんテーブルの下にはリードフックが付いてますのでワンちゃんも落ち着いて待機できます。

f:id:momoumemama:20190430165157j:plain



フロント横のショップにはかわいいワンちゃんグッズがおいてあります。
f:id:momoumemama:20190430165140j:plain

ショップの隣に宿泊棟への入り口があります。ここもカードキー必要になっていてセキュリティーもバッチリ。

f:id:momoumemama:20190430165208j:plain


フロントの奥にはラウンジがあります。
ティータイムとバータイムがあり、どちらもワンちゃん同伴で入れます。人気のワンちゃん用カクテルもあるらしいのでいかがですか?
と、言っても私は帰る日まで入りませんでした。来ればよかった、、って思うくらい素敵な空間でした。

f:id:momoumemama:20190430165223j:plain

↑バーの横のテラス。御影用水を眺めらがらくつろげます。

 

御影用水にすぐアクセスできるようになってます

私たちが宿泊した1階の客室「ガーデンスーペリア」はお庭から御影用水に直接出ることが出来て、そのまあまお散歩に行けます。(カードキーは忘れずに)

お庭から出て、階段をてくてく降りると御影用水の散歩道です、虫が多いのですがとっても気持ちのいい散歩コースとなっています。

f:id:momoumemama:20190430165239j:plain


2階のお部屋に宿泊の場合も、専用の出入り口から御影用水にアクセスできるようになっていますのでご安心ください。 

レジーナリゾート軽井沢御影用水 アクセス



芝生のドッグラン・・・軽井沢町の条例により夜9時以降は閉鎖です

全面芝生のドッグランが設置されています。全犬種用と小型犬専用に分かれてますから、小いちさなワンちゃんも安心して遊べます。(私たちが伺ったときは、芝生の養生中で一部中に入れませんでした)

ただし、ここ軽井沢は町の条例により夜間の野外営業が厳しく制限されているらしく、夜9時は照明を落としてしまうので、それ以降はドッグランは使えないようです。

軽井沢町では屋内営業も夜11時以降は禁止らしくて、コンビニも含めて店舗は全て閉まっちゃうらしいです。確かヨーロッパの国にはそういうところが多かったような・・・凄いですね、軽井沢!お買いものが必要な方は気を付けて下さい。
 

f:id:momoumemama:20190430165256j:plain

f:id:momoumemama:20190430165306j:plain

 

 

 

建物のデザインがオシャレ、防音もバリアフリーも完璧

レジーナリゾート軽井沢御影用水の建物設計は東京国際フォーラム等も手掛けた現代建築研究所という建築事務所が手掛けられたそうで、外観もとてもスタイリッシュです。

ワンちゃんと快適に過ごせるように考え抜かれた設計で、段差が一切ない完全バリアフリーでシニア犬や大型犬、脚や腰の悪いワンちゃんでも全く問題なく快適に過ごせると思います。各お部屋の壁、床も防音効果のあるものを使われているようで部屋の中にいても廊下など歩いていても他のお部屋のワンちゃんの気配はまったく感じませんでした。

  

レジーナリゾート軽井沢御影用水 施設写真

↑ 建物の西側一面が御影用水の水路縁に接しています。その立地を最大限生かした設計になっていました。

おまけ

私たちがお伺いしたのは3月で軽井沢ではまだ雪が残る季節。数日前は大雪だったらしいのですが、駐車場にも少し雪が残っていて、奥の方にカマクラらしきもの作ってありました。モモは楽しんでいたようですが、怖がりウメポンは近づけませんでした。

f:id:momoumemama:20190430165006j:plain


どこのホテルに行っても同じですが、モモウメはレストランの場所を覚えるのが早い!さすがウマウマ大好き犬(笑



レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編(犬との宿泊 感想ブログ)


レジーナリゾート軽井沢御影用水(3) 宿泊感想ブログ「お食事編」です。


f:id:momoumemama:20190418162035j:plain


今回、レジーナリゾート軽井沢御影用水さんには2連泊しましたが、2日目の夜は友人宅にお呼ばれでしたので、レジーナさんでの食事は夕食1回、朝食2回でした。


軽井沢と言えばフレンチ(何故かそういうイメージ、、笑)。館内のレストランにてすごく美味しいフレンチをいただきました。もちろんワン率100%のホテルと言うのもあり、レストランにワンちゃんも連れていけます。

館内レストランの入り口まで来たらスタッフの方が「○○様ですね」って声をかけて、すぐにテーブルまで案内して下さいました。犬種で宿泊者名を判断してるのかな?さすがです!

小型犬の宿泊者のテーブル横にはワンちゃん用のカートが予め準備されています。大型犬はカートなしで床にお座り。私たちのモモウメ、コーギー犬は中型犬のためか、カートの要不要をテーブルに着いてから尋ねられました。

以前は床で食べさせる方がいいかなと思ってたのですが、最近の宿泊時はカートを準備して頂いて、テーブルの横で食べさせてます。そのほうがご飯あげやすいですからね。


飼い主用のお食事は文句なしのハイクオリティー軽井沢フレンチ(って軽井沢初めてですが、、笑)。まさに一流ホテルのフレンチという感じですごく美味しかったです。

f:id:momoumemama:20190418162212j:plain

朝食は1日目と2日目と微妙に違いますがどちらも洋食でした。

f:id:momoumemama:20190418162237j:plain


ワン用の食事はオプションでオーダーできて、5種類の中から選べました。前もってオーダーしておくと早くでてきますので、予約時やチェックイン時、前の食事の際などにオーダーしておくのがお勧めです。我が家は部屋に戻ってから通常のフードもあげるので、少な目のSサイズをオーダーしました。

f:id:momoumemama:20190418162306j:plain


モモたんは人間用のウマウマ(料理)をずーっとガン見し続けます!!ウメポンは途中であきらめてそっぽ向いて、見ないふり。

f:id:momoumemama:20190418162323j:plain

f:id:momoumemama:20190418162337j:plain

f:id:momoumemama:20190418162347j:plain

ウェイターさんの運ぶウマウマ料理から目が離せないモモ^^

人間のウマウマから目が離せないモモ



いい子にしないとウマウマもらえませんよ(笑

 


レジーナリゾート軽井沢御影用水のレポート、まだまだ続きます☆彡

 

レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2) お部屋編(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)宿泊感想ブログ続編「お部屋編」です。


f:id:momoumemama:20190404165255j:plain



犬と一緒に宿泊できるホテルは企業の保養所やスキー客向けホテルなどの古い建物をリノベーションした所が多いのですが、レジーナリゾート軽井沢御影用水は2年前に完全な新築で建てられたとのこと。

このため、ホテルの建物全体が完全ドッグフレンドリーになるよう考え抜いて設計されているようで、施設のクオリティーは非の打ちどころがないほど素晴らしいと思いました。

 
お部屋のタイプはデラックスとスーペリアと2タイプがあります。私たちはスーペリアタイプの1階「ガーデンスーペリア」に宿泊しました。デラックスの方が少し広いんですが、スーペリアでも十分で、広すぎず、狭すぎず、ちょうどいい広さに感じました。ヴィラ等の離れはなく、全室同じ建物の中にあって全部で26室あるようです。

お部屋全体はこんな感じ↓ モモウメもテンションあがってます^^ 

 
前編でもご紹介の通り、お部屋の床は全部タイルになっていて、ワンが万一粗相してもすぐに掃除ができるようになっているのが嬉しいです。さらに床暖がついます。私たちの伺ったのは3月でまだ寒い時期でしたが、ぽかぽか心地よく過ごせました。

お部屋に入るとまず部屋用スリッパがおいてあります。バリアフリーで「玄関」スペースがないので、どこから部屋履きになればいいのよくかわかりませんが(笑)。まあ少しぐらい土足で中まで入っても問題ないのかもしれません。

f:id:momoumemama:20190404165335j:plain


スリッパがおいてある場所の左手に水回りスペース(トイレ、洗面所、お風呂)があり、その奥の壁にエアコンのリモコンと床暖のリモコンがあります。

f:id:momoumemama:20190418151421j:plain

水回りスペース内、洗面所のリモコンは洗面所の給湯温度設定かと思いきや、お風呂のお湯はり温度の設定も兼ねてたようです。知らずにぬる~い温度にしていたのでお風呂のお湯が暖かくならず(追い炊き機能がありません)、1日目の夜は風邪ひくかと思いました。気を付けましょう☆彡

洗面所の水回りももちろんバリアフリーだし、とてもきれいです。すごくお掃除も行き届いてい清潔に保たれていました。一つだけ不満な点はお風呂とお部屋の間に窓があって部屋からまる見えになっていること。まあ、ブラインド下げればOKなんですけどね。

あ、もしかしたらお風呂に入りながらワンちゃんの様子を見るためのドッグフレンドリー設計なのかな?(今更ながら、気づきました)

f:id:momoumemama:20190404165451j:plain


チェックイン時に荷物の搬入を済ませてくださってますので、カウンターの上には私たちの荷物が山積みになってましたが、その陰に加湿器とポットがおいてありました。

f:id:momoumemama:20190404165353j:plain


お部屋には大型犬も使える大きなクレートが1つ置いてあります。希望すれば追加でもう1つ置いてくれるらしいですが、我が家はいつもマイクレート持ち込みです。

タオル類はお部屋内にもホテルの各入り口にも沢山用意してあってふんだんに使えます。タオルは白色と茶色の2種類があって、白いタオルは人間(飼い主)用、茶色のタオルはワンちゃん用と区別されています。気持ちよく使えるので、この辺りの気遣いはとてもありがたいです。

クレート、タオル、水入れ、全てお部屋に置いてありますので、私たちのように家から持ってこなくてもOKです。車の荷物スペースが小さい人や、荷物を少なくしたい人も助かると思います。

f:id:momoumemama:20190404165433j:plain

 


白いベッドの横にオレンジのソファーです、色のコントラストが可愛いい♪

f:id:momoumemama:20190404165503j:plain

このかわいいオレンジのソファーが夜にはこうなります。

f:id:momoumemama:20190418151538j:plain

 

私たちがお泊りした1階のお部屋は全室テラスと小さな芝生のお庭がついていて、その向こうの御影用水にそのまま出ることが出来ます。断然1階がオススメです。テラス内にはお散歩から帰ってきたときに足を洗う水場もついていて、これも凄く助かります。脚についた土や泥をここで綺麗に洗ってからお部屋に入ることができます。

f:id:momoumemama:20190404165608j:plain


そうそう、気持ちよくお昼寝ができるハンモックもついてました。

f:id:momoumemama:20190404165621j:plain

f:id:momoumemama:20190404165639j:plain


お散歩に出る時、テラスに出る時はお部屋のカードキーは忘れずに!!簡単に外に出られる造りになっているので、ついつい忘れがちになってしまいます(何度か忘れそうになりました^^)。カードキーは常にポケットに入れておきましょう。オートロックでしまっちゃいますので、忘れると中に入れなくなってしまいます。

f:id:momoumemama:20190404165657j:plain


一つ気になったのはお散歩に出る時にお隣さんのテラスが丸見えだったこと。
もちろん、そういう造りなので仕方がないのですが、お隣さんがハンモックチェアで寛いでらっしゃったのですが、こういう場合、声をかけていいのかどうなのか、微妙な空気が流れてしまいました(涙


スタッフの方にお話しをお伺いしたところ、お部屋の壁は防音効果を施してあるそうです。どおりで、隣の部屋との壁をちょっとコツコツしたら凄い厚みのあるコンクリートのようでした(笑)。隣の音も2階の音も全く聞こえませんでした。この辺りもドッグフレンドリーを考えて設計されているんだと思います。私たちもモモウメもお部屋の中でゆっくりくつろぐことができました。

f:id:momoumemama:20190404165716j:plain

お部屋に関しては、とにかく「タイルで床暖房」が気に入ってしまって他のレジーナも行こう!!って思ったけど、HPによると他のレジーナの床は違うみたい、、、残念。


レジーナリゾート軽井沢御影用水のレポート、まだまだ続きますのでお楽しみに☆彡

 

レジーナリゾート軽井沢御影用水に行きました(1)(犬との宿泊 感想ブログ)

レジーナリゾート軽井沢御影用水(2)お部屋編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(3)お食事編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(4)ドッグランと施設編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(5)周辺観光編

レジーナリゾート軽井沢御影用水(6)総評編